-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-03-01 22:03

こころ。


先日
何気にテレビをつけていたら、
ポチたまやってました。

足寄はTVHが去年の12月から見れるようになったので、
3年振りのポチたまに感激。


旅犬は3代目のまさはる君になっていました。
まだ1歳になってないので、
元気いっぱい。
がしゃがしゃしていて、一生懸命で、
ベルの子犬時代をおもいだしました。


真剣なお顔。
逕サ蜒・053_convert_20130224222742


おやつの為に一生懸命「待て」をしています。
逕サ蜒・055_convert_20130224223341



道端の亀に吼えてみたり。
逕サ蜒・052_convert_20130224223044


初めてみるものがまだまだたくさんだよね。
がんばれ。


このこ、シーズーの祖先の犬種だそうです。
シーズーそっくり。名前は・・忘れた。
逕サ蜒・056_convert_20130224224217




こちらは志村動物園より。
動物と会話出来る女性、ハイジさんの回でした。
いつもは涙無くしてはみれないのですが、
今回はあまりにも可愛いくて暖かいものでした。
逕サ蜒・060_convert_20130224225640



とある動物園で2頭のライオンが中々仲良く暮らせないとの事。
男の子のナッツ君は年上のリンゴちゃんが大好きなのに、
リンゴちゃんが受け入れないのは何故か?という相談でした。


ナッツ君。まだ若干2歳。
逕サ蜒・059_convert_20130224225058
実はナッツ君にはコンプレックスが。
それはたてがみ。

まだ若いナッツ君はたてがみもこれから大きくなります。
でも・・・

なぜナッツ君がこんな悩みを持ったかというと、
お客さん、つまり人の態度にありました。

若いナッツ君。
骨格もまだリンゴちゃんのほうが大きいため、
よくお客さんが「どっちがオス?」と
檻のまえで話たり、飼育員さんに尋ねたりするそうです。


人間の言葉は理解できなくいけど、
その感情は動物には伝わる。

その表情や言葉のトーンなど、
動物は敏感に感じ取る。
ハイジさんはそう言っていました。


人と暮らす生き物は言葉は通じなくても、
こうしてこころが通じ合うんだな・・と実感。

わが家の子達も、ママの機嫌が悪かったり、
悲しくて辛いことがあった日などは、

そーっと寄り添ってくれます。
これに何度救われたか。

真直ぐなこの子達の愛情に、
ささくれ立ったママの心も
暖かく、優しくなれます。
動物ってすごいなぁ。


でもナッツ君に朗報が。
リンゴ姉さんはナッツ君が嫌いではないみたいでした。

まだまだ若いナッツ君をわざと威嚇したりして、
自分に見合うオスになるのを待っているそうなんです。

かっこいいぜ。
リンゴ姉さん。
逕サ蜒・058_convert_20130224225348

そんなリンゴ姉さんの心もまだまだ知る由も無い、
若いナッツ君。

頑張れ。
春は近いぞ。
逕サ蜒・062_convert_20130224230014
スポンサーサイト

プロフィール

MINMIN

Author:MINMIN
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。