-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎週楽しみにしていたドラマ
「犬を飼うということ」。

6月10日についに最終回でした。
内容はドラマの題名からなんとなく想像できていましたが、
やっぱり虹の橋を渡ってしまいましたね。スカイ。


スカイがお家で倒れたり、
診察台で意識のない「演技」をしているのが
もうたまらなく可愛かったです。



おんもを観ている我が家の「スカイ」
逕サ蜒・2131_convert_20110609184632

前回の放送で、朝家族がみんな出かけて行く時、
ドラマの容がスカイに目線に変わっていました。

スカイからみた家族。
一人になったスカイは家族との楽しかったことを思い出していきました。
食卓では家族の笑顔。
おもちゃでは子供達と愛おしい時間。
ベランダでは大騒ぎのシャンプー。


そして一人ベランダの小さな足台に上がり、
高い高いスカイツリーを見つめる。

このシーンに一番涙しましたね。
自分の死期を悟っているであろうスカイの行動が
いろんな事を考えさせられました。

我が家も5頭いるとはいえ、
ママが出かけた後は、こんなに静かになるのかな・・とか、
みんなウチに来て楽しいことあったかな・・とか、
お別れのときは絶対そばにいるんだ!とか・・。

得意顔で「番兵をしました!」と報告するハク
逕サ蜒・1200_convert_20110604003127


犬を飼うということは、
ある程度自分の生活に制限がでます。

排泄や食事のお世話。
お散歩にシャンプーやトリミング。
予防接種に健康診断。

お金もたくさんかかります。

長時間一人にはできないし、
雨の日も、吹雪の日もお散歩は欠かせない。

だって、生きているから。
心があるから。

私にはお外にお友達も、
美味しいお店も、
仕事も、たのしみがたくさんあるし、
自分の意思で行動できる。

でも彼らにはママしかいない。
一人ではご飯も食べれないし、(時々自分達で調達するけど。)
トイレも出来ない。
ママとあんよしないとお外のも出られない(時々脱走したけど)


これらの責任を果たせなければ、
暴力をふるわなくても十分虐待だと思う。
できないのなら、飼わない勇気、愛情もあると
考えてほしいです。
そうすれば、無責任な繁殖や、
保健所に捨てられる命ももっと減るんじゃないかな。

ハクもこんな表情になることは無かったはず。
あんなに悲しい思いや恐ろしい体験もしなくてよかったはず。
dms09104rapu_20110615095039.jpg

今ではこ~んなにめんこちゃん。
逕サ蜒・1005_convert_20101223073438
逕サ蜒・1350_convert_20110615095827

ぬいぐるみみたいだけど、ちゃんと「わんこ」なしーちゃん。
逕サ蜒・1381_convert_20110615100414

ママもよく5頭もいて大変だねって言われます。
確かにゴールデン3頭にシーズーとチワワ・・。
大変でないわけがない。

でも、その大変さが楽しいし、シアワセだったりする。
犬という生き物が与えてくれる汚れのない真直ぐな
愛情は、何にも変えがたい。

犬を飼って人生が豊かになった。
犬を通じて素敵な人にもたくさん出会えた。

価値観はひとそれぞれ。
ママは誰になんといわれようと、
この子たちと暮らせてよかったといえる。
それが犬を飼うということ。

逕サ蜒・1377_convert_20110615101554



ママの大切な宝物たち。

コメント

2011-08-15 12:29

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MINMIN

Author:MINMIN
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。