-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-01 14:27

カラスとベル

超お久しぶりな感じ。
なんだか最近いそがしかったな~
暑い夏ももう終わり、朝や夕方の風の中に、少しずつあきの気配が感じられるようになりました。

そんな朝のお散歩での出来事
朝、いつものようにテッサとベルとしっぽと4人でお散歩にでかけたの。晴れていて空気も澄んでいて、とっても気持ちの良い朝でした。
ところがっっ
家のマンションのゴミステーションの前が大変なことになっている
カラス軍団がゴミ袋を道路に引っ張り出して、中身を出して食べてるの

ご近所もカラスの数が多くて遠くから見ているだけだったの。
ベルもテッサもレトリーバーの血が騒ぐのか、お耳をピンと立てて、カラスを凝視。
襲われても困るから、とりあえずお散歩に出かけて、20分くらいして戻ってみると、さらにカラスの数が増えていて(10羽ぐらいかなー)、ゴミも悲惨なことに・・

でもそこを通らなければ家には帰れない・・・。
丁度回りには人っ子一人いなくて、車も来る様子はないし、(場所自体が住宅街で車もそんなにいないからね)ベルを見ると、超姿勢をよくして戦闘態勢
いや~ん、ベルちゃんおっとこまえ~

そこでママはベル投入計画を実行しようと考えた。
万が一ご近所さんか遭遇しても、この悲惨な状況をみたならば、応援してくれるにちがいない。

そこでママはベルにお座りをさせて、カラスの方を見せて待てをさせた。
待たされるとベルは「よしっ」ていッたときのテンションがあがるんだよ。
テッサはカラスを見ていたけど、女の子だしィ、しっぽもカラスに行く気満々だったけど、カラスにとってはちっちゃなしーちゃんは大きなカラスにしてみたら、「獲物」だしィってことで投入計画はベルのみで決行することにした。

思えば3歳で公園にたむろするカラス軍団に突撃して、次々と低空飛行で威嚇され、お家に帰るまで追いかけられたベル。
今はあの頃よりからだもがっちりしてお兄ちゃんになったベル。

さあ、リベンジだ
「ベル、行けっ」というママの掛け声とともに、普段なら全くお門違いな方向に走っていくべるが、
この日ばかりは悪さをしているカラスに向かって猫まっしぐらならぬ、ベルまっしぐら

カラスはびっくりしてクモの子を散らすようににげていったよ。
追いかける相手がいなくなって拍子抜けしたベル。周りをキョロキョロ見回してなお顔。
まっすぐもどっでくれりゃあ、「良い子だね~、えらいね~」で終わったのに、はっと自分の周りのいい臭いのゴミに気がついた。カラスがいなくなったらゴミはベルにとって魅惑的なものに変わった。

案の定、な顔してゴミ袋に顔を入れ始めた。
こんなところをご近所さんにみられたら、ベルがゴミを散らかしたと思われる

ママは急いでベルを呼び戻したけど、臭いをかぐのに忙しくてそれどころじゃなくなったベル。
だんだんママの声がおっかなくなってきて、「ハッ」として、勢いよくこっちへ戻ってきた。

途中で自分のリードをくわえて、ルンルンで戻ってきた。
「ママ、お散歩どうぞでちゅ。ベルたんはままのお声きこえてまちゅよ~。カラスさんたち逃げちゃいまちた。べるたんが追い払ったでちゅ。」ってな感じ。

ま、いっか(笑)

テレビのベイブを見て戦闘態勢になるベル。
こんな感じでカラスを見ていたよ。

画像syasinn 723

ベルと大好きなままの甥っこ
画像syasinn 680

珍しく物思いにふけるベル。なんだかおかしいね。
画像syasinn 816

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

MINMIN

Author:MINMIN
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。