-------- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-02-09 00:16

2012年、徒然-1

2011年から途絶えてしまったブログ。

 「再開」でも書いたようにあまりにも悲しい事があったのが一番に理由。
しかしながら、再開しようと思ったとき。パソコンの調子が悪くなり、ネット接続にも問題勃発。

機会オンチのママはど
うしていいかわからず、ここのページにアクセス出来ずにいたのが
その後再開できなかった大きな理由。
あの手この手でなんとか再開できました。

その間、たくさん訪問してくださったり、
コメントしてくださった皆さん、本当にごめんなさい。
そして、ありがとう。

返信も更新もなく、
ある意味音信不通でご心配をおかけしました。

テッサの死を意識しはじめたころ、
思い出日記のような感じで
テッサとの日々を残したくてはじめたブログ。

テッサがお空に行った今、ブログを読み返すと、
その時その時の楽しかった日々の思いが鮮明によみがえって
本当に救くわれました。


ベルももう9歳
逕サ蜒・172_convert_20130208112131
ねんねしてる時間も多くなり、お顔も白くなってきました

マーズはまもなく10歳。
逕サ蜒・011_convert_20130208033844
永遠のお子様。


あと何年一緒にいれるかわからないけど、
毎日の何気ないシアワセな時間を記していこうと思います。

逕サ蜒・065_convert_20130208034104
逕サ蜒・2105_convert_20110609072435

2012-12-25 03:00

再開

1年半ぶりの更新。

この間本当にいろんなことがありました。

楽しいことも、嬉しいことも、悲しいことも。

あまりにも悲しい出来事があって、なかなか自分のなかで受け入れられなくて
文章にすると、悲しい言葉しかでてこなくて
それがなかなかブログを更新できなかった理由かも。

逕サ蜒・1063_convert_20101223204952 



大好きで大切で可愛くて、頑張り屋さんだったテッサちゃんが2011年8月17日に13歳でお空に行ってしまいました。
たくさんの病気を克服して、いつもにこにこだったテッサちゃん。
お転婆いばあちゃんで、おりこうで、甘えん坊で、食いしん坊で、
ママにも弟や妹にも優しかったテッサちゃん。

逕サ蜒・1041_convert_20101223203631 






ほんとうにほんとうに悲しくて、泣いてばかりいました。
でもこうして時間がたつにつれて、テッサちゃんと暮らした楽しい日々を振り返られるようになりました。
最初のころは、何にもしてあげられなかったという思いで後悔ばかりでしたが、
テッサの遺品を片付けていくうちに、気がつけばワンコグッズはテッサのものばかり。

サプリメントやお洋服、おもちゃ、リード・・・・

どれもテッサとくらした証。
病気を抱えて頑張っていたテッサが少しでもニコニコで暮らせるように、自分なりに頑張っていたんだな・・
と思えて、また涙がとまりませんでした。

ワンコとクラス以上、ママがみんなを見送らなければならないのは覚悟のうえ。
悲しむのではく、人間よりはるかに短い命のなかで、ママのうちの子になってくれたここの子達が、
すこしでもにこにこで暮らせるように、
この子達との日々、時間を大切にしていきたいと改めておもいました。

それを教えてくれたのもテッサちゃん。
7年間ママの子でいてくれて本当にありがとう。

テッサちゃんに、逢いたいなぁ。
逢ってお顔をむぎゅ~ってしてぶちゅ~ってして
おもいっきりぎゅ~ってしたいなぁ


そうしたら、テッサちゃんは「ママ、またぁ?もう仕方ないわねぇ。」
とかいって静かにお顔を摺り寄せてくれるんだろうな。

逢いたいな。
大好きなテッサちゃん。
でもママはもう大丈夫。

また家族もふえたしね。
え?
ふふん。
その詳細はまたボチボチと。。。
毎週楽しみにしていたドラマ
「犬を飼うということ」。

6月10日についに最終回でした。
内容はドラマの題名からなんとなく想像できていましたが、
やっぱり虹の橋を渡ってしまいましたね。スカイ。


スカイがお家で倒れたり、
診察台で意識のない「演技」をしているのが
もうたまらなく可愛かったです。



おんもを観ている我が家の「スカイ」
逕サ蜒・2131_convert_20110609184632

前回の放送で、朝家族がみんな出かけて行く時、
ドラマの容がスカイに目線に変わっていました。

スカイからみた家族。
一人になったスカイは家族との楽しかったことを思い出していきました。
食卓では家族の笑顔。
おもちゃでは子供達と愛おしい時間。
ベランダでは大騒ぎのシャンプー。


そして一人ベランダの小さな足台に上がり、
高い高いスカイツリーを見つめる。

このシーンに一番涙しましたね。
自分の死期を悟っているであろうスカイの行動が
いろんな事を考えさせられました。

我が家も5頭いるとはいえ、
ママが出かけた後は、こんなに静かになるのかな・・とか、
みんなウチに来て楽しいことあったかな・・とか、
お別れのときは絶対そばにいるんだ!とか・・。

得意顔で「番兵をしました!」と報告するハク
逕サ蜒・1200_convert_20110604003127


犬を飼うということは、
ある程度自分の生活に制限がでます。

排泄や食事のお世話。
お散歩にシャンプーやトリミング。
予防接種に健康診断。

お金もたくさんかかります。

長時間一人にはできないし、
雨の日も、吹雪の日もお散歩は欠かせない。

だって、生きているから。
心があるから。

私にはお外にお友達も、
美味しいお店も、
仕事も、たのしみがたくさんあるし、
自分の意思で行動できる。

でも彼らにはママしかいない。
一人ではご飯も食べれないし、(時々自分達で調達するけど。)
トイレも出来ない。
ママとあんよしないとお外のも出られない(時々脱走したけど)


これらの責任を果たせなければ、
暴力をふるわなくても十分虐待だと思う。
できないのなら、飼わない勇気、愛情もあると
考えてほしいです。
そうすれば、無責任な繁殖や、
保健所に捨てられる命ももっと減るんじゃないかな。

ハクもこんな表情になることは無かったはず。
あんなに悲しい思いや恐ろしい体験もしなくてよかったはず。
dms09104rapu_20110615095039.jpg

今ではこ~んなにめんこちゃん。
逕サ蜒・1005_convert_20101223073438
逕サ蜒・1350_convert_20110615095827

ぬいぐるみみたいだけど、ちゃんと「わんこ」なしーちゃん。
逕サ蜒・1381_convert_20110615100414

ママもよく5頭もいて大変だねって言われます。
確かにゴールデン3頭にシーズーとチワワ・・。
大変でないわけがない。

でも、その大変さが楽しいし、シアワセだったりする。
犬という生き物が与えてくれる汚れのない真直ぐな
愛情は、何にも変えがたい。

犬を飼って人生が豊かになった。
犬を通じて素敵な人にもたくさん出会えた。

価値観はひとそれぞれ。
ママは誰になんといわれようと、
この子たちと暮らせてよかったといえる。
それが犬を飼うということ。

逕サ蜒・1377_convert_20110615101554



ママの大切な宝物たち。

2011-06-03 10:57

出会いと別れ




逕サ蜒・212_convert_20110602164548


可愛いでしょ?
彼女は「アージュ」。
ジェロの忘れ形見です。


おっきくて、優しくて、陽気だったジェロ。
画像 2012

彼女は大物。
生後数ヶ月にして、看板犬デビューをはたし、
堂々たる落ち着き振りを放っていた。


今はお母さんにベイビーが誕生して
お姉ちゃんになりました。


なので看板犬は一時休業。
できれば復帰して欲しいな。


みっちゃん、あーじゅ、
いつか足寄に来てね。
コメントありがとうね。
逕サ蜒・1680_convert_20110603100326






そう・・・
先月札幌のベル達の実家に寄ったとき
悲しいお知らせがありました。

マーズのお母さん
シーバがお空に行ってしいました。


可愛いシーバ
画像 1927

シーバは12歳
テッサより1つ年下のしっかり者でした。
身体はゴールデンにしてはとても小さいけど
性格はゴールデンそのもの。

一番最初にマーズが欲しくて
でマーズはお店のコだったからウチには来れなくて
だったらシーバのコを・・と思ったけど予選落ち。

縁あってベルが我が家に。
里子もシーバとテッサが募集されたけど、
我が家にはテッサちゃんが。

そんないきさつもあり
ずっとお店のコだったけど
他人とは思えない子でした。

画像 1926
(左下で金網をかじって
脱走をはかろうとしているのはマーズ。)



とっても甘えん坊で
ボールより人が大好きで
みんながボールで遊んでいても
私達にすりすりして来た可愛いシーバ
マーズととっても仲良しだったシーバ。

マーズが家に来てさみしかったのかな。
何回か家庭にも行ってみたけど、
お店が大好きで、帰りたくて
すぐに体調を崩してしまい、お店に帰ってきた。

お店でもみんなに愛されて、
ジェロがお空に行ってからはプチ看板犬もしていた。
小さいけど群れのトップとして数々の子犬達を
しつけてきたシーバ。

マーズを産んでくれてありがとう。
マーズは大切に育てるからね。


マーズもテッサも仲良くしてるからね。
逕サ蜒・1476_convert_20110603105353


たまには遊びにきてね。
ありがとう、シーバ。

2011-06-03 10:57

出会いと別れ




逕サ蜒・212_convert_20110602164548


可愛いでしょ?
彼女は「アージュ」。
ジェロの忘れ形見です。


おっきくて、優しくて、陽気だったジェロ。
画像 2012

彼女は大物。
生後数ヶ月にして、看板犬デビューをはたし、
堂々たる落ち着き振りを放っていた。


今はお母さんにベイビーが誕生して
お姉ちゃんになりました。


なので看板犬は一時休業。
できれば復帰して欲しいな。


みっちゃん、あーじゅ、
いつか足寄に来てね。
コメントありがとうね。
逕サ蜒・1680_convert_20110603100326






そう・・・
先月札幌のベル達の実家に寄ったとき
悲しいお知らせがありました。

マーズのお母さん
シーバがお空に行ってしいました。


可愛いシーバ
画像 1927

シーバは12歳
テッサより1つ年下のしっかり者でした。
身体はゴールデンにしてはとても小さいけど
性格はゴールデンそのもの。

一番最初にマーズが欲しくて
でマーズはお店のコだったからウチには来れなくて
だったらシーバのコを・・と思ったけど予選落ち。

縁あってベルが我が家に。
里子もシーバとテッサが募集されたけど、
我が家にはテッサちゃんが。

そんないきさつもあり
ずっとお店のコだったけど
他人とは思えない子でした。

画像 1926
(左下で金網をかじって
脱走をはかろうとしているのはマーズ。)



とっても甘えん坊で
ボールより人が大好きで
みんながボールで遊んでいても
私達にすりすりして来た可愛いシーバ
マーズととっても仲良しだったシーバ。

マーズが家に来てさみしかったのかな。
何回か家庭にも行ってみたけど、
お店が大好きで、帰りたくて
すぐに体調を崩してしまい、お店に帰ってきた。

お店でもみんなに愛されて、
ジェロがお空に行ってからはプチ看板犬もしていた。
小さいけど群れのトップとして数々の子犬達を
しつけてきたシーバ。

マーズを産んでくれてありがとう。
マーズは大切に育てるからね。


マーズもテッサも仲良くしてるからね。
逕サ蜒・1476_convert_20110603105353


たまには遊びにきてね。
ありがとう、シーバ。

プロフィール

MINMIN

Author:MINMIN
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。